スポンサーサイト

  • 2016.03.09 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


薬膳インストラクターと薬膳マイスターの違い

薬膳インストラクターと薬膳マイスターの違いは民間資格を認定する団体になります。

薬膳インストラクターも薬膳マイスターも民間団体が認定する民間資格です。

調理師や栄養士のような「食」の公的資格ではありません。

薬膳インストラクターは一般社団法人・日本能力開発推進協会が認定します。

薬膳マイスターは一般社団法人・国際薬膳食育学会が認定します。

薬膳インストラクターと薬膳マイスターはどちらも民間資格ですが「薬膳」の知識とノウハウの習得を日本能力開発推進協会と国際薬膳食育学会が証明します。

薬膳インストラクターは、一般社団法人・日本能力開発推進協会認定の技能審査に合格すれば日本能力開発推進協会の薬膳インストラクターを取得できます。

薬膳マイスターは、「がくぶん」の薬膳マイスターの通信講座を修了すれば一般社団法人・国際薬膳食育学会から資格を認定されます。

「がくぶん」の薬膳マイスター養成講座修了で取得できる一般社団法人・国際薬膳食育学会の認定資格は国際薬膳食育師3級です。

次に、薬膳インストラクターと薬膳マイスターの違いについて紹介します。

1)どちらも民間資格

薬膳インストラクターと薬膳マイスターの違いは資格を認定する民間団体です。

薬膳インストラクターは一般社団法人・日本能力開発推進協会の認定資格です。

薬膳マイスターは一般社団法人・国際薬膳食育学会の認定資格です。

国際薬膳食育学会には薬膳インストラクターだけで上位資格はありません。

一般社団法人・国際薬膳食育学会には、特級師範・国際薬膳食育師1級・国際薬膳食育師2級・国際薬膳食育師3級があります。

国際薬膳食育師3級は薬膳マイスターの正式名称なので、上位資格は特級師範・国際薬膳食育師1級・国際薬膳食育師2級になります。

2)日本能力開発推進協会

薬膳インストラクターと薬膳マイスターの違いを明確にするために日本能力開発推進協会の概要を紹介します。

一般社団法人・日本能力開発推進協会から薬膳インストラクターとして認定されるには技能検定に合格する必要があります。

技能検定受験には受験資格が必要です。

技能検定の受験資格は、一般社団法人・日本能力開発推進協会の指定講座を修了することです。

日本能力開発推進協会認定の教育機関が実施する教育訓練の全カリキュラムを修了すれば受験資格を取得できます。

指定講座のカリキュラムを修了して受験資格を得たら技能試験を受験できます。

技能検定に合格すれば薬膳インストラクターとして認定されます。

3)国際薬膳食育学会

薬膳インストラクターと薬膳マイスターの違いを明確にするために国際薬膳食育学会の概要を紹介します。

薬膳マイスター養成講座を修了すれば、一般社団法人・国際薬膳食育学会から薬膳マイスターとして認定されます。

薬膳マイスター養成講座は「がくぶん」の通信教育講座にあります。

「がくぶん」の薬膳マイスター養成講座は国際薬膳食育学会の認定講座です。

薬膳マイスター養成講座を修了すれば国際薬膳食育学会から国際薬膳食育師3級資格を認定されます。

「がくぶん」薬膳マイスターの通信講座を修了して国際薬膳食育師3級資格をもらいませんか。

一般社団法人・国際薬膳食育学会の国際薬膳食育師3級は薬膳マイスターの正式名称です。





薬膳マイスターの魅力・メリット

薬膳マイスターの魅力・メリットは、薬膳の知識とノウハウを活かして美容と健康に役立つ料理つくりができることです。

薬膳の知識を健康食・美容食つくりに活かしませんか。

和漢膳とは日本人の味覚と体質に合わせてつくられた薬膳のことです。

和漢膳の知識は生活習慣病予防食・ダイエット食・アンチエイジング食つくりに活かせます。

薬膳マイスターの通信講座は伝統と実績の通信教育機関である「がくぶん」にあります。

通信教育機関の「がくぶん」の薬膳マイスター養成講座で和漢膳の知識とノウハウを学べます。

「がくぶん」の通信教育講座の薬膳マイスター養成講座は通信教育講座を修了しませんか。

薬膳マイスター養成講座を修了すれば、一般社団法人・国際薬膳食育学会の国際薬膳食育師3級資格取得できます。

「がくぶん」の通信教育講座ならば、家事・育児・会社勤務に忙しい女性でも続けられます。

通信教育講座を利用したスキマ学習で和漢膳の知識とノウハウを習得できます。

次に、薬膳マイスターの魅力・メリットの紹介をします。

1)薬膳マイスターの魅力

薬膳マイスターの魅力・メリットは、和漢膳の知識とノウハウを美容・健康・食育に活かせることです。

アンチエイジング食・ダイエット食・病気回復食・アレルギー対策食・高齢者用の健康食・食育に和漢膳を活かしませんか。

食育は子供の知育・徳育・体育のベースになります。

食育で子供の知育・徳育・体育のアップを目指せます。

「がくぶん」の通信教育講座(薬膳マイスター養成講座)で和漢膳の知識とノウハウを習得して美容・健康・食育に活かしてください。

2)和漢善のメリット

薬膳マイスターの魅力・メリットは、美味しい健康食・元気食つくりができることです。

和漢膳の知識とノウハウを活かせば、生活習慣病予防・改善食やアンチエイジング食つくりができます。

和漢膳の知識とノウハウをアンチエイジングや生活習慣病の予防・改善に活かしてみませんか。

生活習慣病を原因として日本人の3分の2が死亡しているそうです。

脳卒中・心臓病・脂質異常症・高血圧・糖尿病・肥満は生活習慣病です。

生活の質(QOL)を低下させる生活習慣病改善やアンチエイジングに和漢膳の知識が役立ちます。

3)薬膳マイスター養成講座

伝統と実績がある「がくぶん」の薬膳マイスター養成講座は通信教育講座です。

通信教育で学ぶ薬膳マイスターの魅力・メリットはマイペース学習ができることです。

自宅でマイペース学習ができる「がくぶん」の通信教育講座で和漢膳を習得しませんか。

日本人の味覚や体質に合わせてつくられた和漢膳は「がくぶん」の通信教育講座で学べます。

和漢膳の知識とノウハウは食育や健康食・美容食つくりに役立ちます。

国際薬膳食育学会認定の国際薬膳食育師3級は、「がくぶん」の通信教育講座を修了すればを取得できます。

「がくぶん」薬膳マイスターの通信講座を修了して国際薬膳食育師3級を取得しませんか。

国際薬膳食育師3級は薬膳マイスターのことです。





薬膳マイスターになる方法

薬膳マイスターになる方法は、一般社団法人・国際薬膳食育学会の国際薬膳食育師3級資格を取得することです。

国際薬膳食育師3級は薬膳マイスターの正式名称です。

国際薬膳食育師3級を取得して美味しい薬膳料理をつくりませんか。

薬膳マイスターの通信講座を利用すれば国際薬膳食育師3級取得の知識とノウハウを効率よく学べます。

薬膳マイスター養成講座は「がくぶん」にあります。

「がくぶん」は伝統と実績がある通信教育講座です。

通信教育講座の薬膳マイスター養成講座であれば通学することはありません。

自宅で都合のよい時間に薬膳の知識とノウハウを習得できます。

薬膳マイスター養成講座で薬膳の知識とノウハウを習得して美容と健康に活かしてください。

次に、薬膳マイスターになる方法を紹介します。

1)「がくぶん」で習得

薬膳マイスターになる方法は伝統と実績がある通信教育機関を利用してマイペース学習で薬膳の知識とノウハウを学ぶことです。

「がくぶん」では多くの女性が学んでいます。

通学時間がない女性・家事や育児が忙しい女性・会社勤務で活躍している女性などです。

通信教育講座であればスキマ時間に学習できます。

「がくぶん」の通信教育講座を修了すれば、一般社団法人・国際薬膳食育学会の国際薬膳食育師3級資格を取得できます。

2)通信教育で学ぶ

薬膳マイスターになる方法には2つの方法があります。

伝統と実績がある通信教育機関の「がくぶん」の薬膳マイスター養成講座を修了するコースと、国際薬膳食育学会の薬膳マイスター養成講座を修了するコースです。

「がくぶん」の薬膳マイスター養成講座と国際薬膳食育学会の養成講座は通信教育講座です。

「がくぶん」の通信教育講座は初めての人でも理解しやすいようにつくられています。

通信教育講座利用のマイペース学習で、和漢膳の知識とノウハウを学びませんか。

和漢膳とは日本人の体質と味覚に合うようにアレンジされた薬膳のことです。

3)和漢膳を学ぶ

薬膳マイスターになる方法は「がくぶん」の通信教育講座で和漢膳の知識とノウハウを習得して講座を修了することです。

スキ間時間を利用したマイペース学習で和漢膳を学びませんか。

通信教育講座なら東洋医学理論を基礎にした和漢膳の知識を活かした料理の作り方をスムーズに学べます。

和漢膳の知識とノウハウは美味しい料理つくりに役立ちます。

伝統と実績の通信教育機関の薬膳マイスターの通信講座なら、ライフスタイルや勤務スタイルに合わせてマイペース学習ができます。

薬膳マイスター(国際薬膳食育師3級)を取得すれば、特級師範・国際薬膳食育師1級・国際薬膳食育師2級などの上級資格にも挑戦できます。

薬膳マイスター養成講座の標準受講期間は6ヶ月です。

約半年間のマイペース学習で薬膳マイスターになれます。






薬膳マイスターの給料・年収・初任給

薬膳マイスターの給料・年収・初任給について考えます。

薬膳マイスターの資格は民間資格です。

調理師や栄養士のような公的資格ではありません。

民間資格ですが薬膳の知識とノウハウを習得している証明になります。

健康・美容・生活習慣病などと食習慣との関係が注目されるとともに、薬膳の知識とノウハウを活かした料理つくりのニーズが高まることが予測されます。

「がくぶん」の薬膳マイスターの通信講座を受講しませんか。

「がくぶん」の薬膳マイスター養成講座を修了すれば、国際薬膳食育師3級資格を取得できます。

国際薬膳食育師3級資格は薬膳の基礎理論を習得している証明になります。

薬膳マイスターの正式名称が国際薬膳食育師3級です。

国際薬膳食育師3級は一般社団法人・国際薬膳食育学会が認定する資格です。

「がくぶん」の薬膳マイスター養成講座は一般社団法人・国際薬膳食育学会の認定講座です。

「がくぶん」の薬膳マイスター養成講座を修了すれば、一般社団法人・国際薬膳食育学会の国際薬膳食育師3級を取得できます。

次に、薬膳マイスターの給料・年収・初任給について紹介します。

1)薬膳マイスター

薬膳マイスターの給料・年収・初任給は「食」の仕事をしている一般社員と変わりません。

薬膳マイスターは一般社団法人・国際薬膳食育学会が認定する民間資格の国際薬膳食育師3級のことです。

国際薬膳食育師3級(薬膳マイスター)を取得していることで和漢膳の基礎理論を習得していることを証明できます。

和漢膳は日本人の味覚や体質に合うようにアレンジされた薬膳のことです。

一般社団法人・国際薬膳食育学会には国際薬膳食育師3級(薬膳マイスター)の上位資格も用意されています。

国際薬膳食育師2級・国際薬膳食育師1級・特級師範を目指す女性もいます。

「がくぶん」の薬膳マイスター養成講座を受講しませんか。

2)薬膳の知識の活用

薬膳マイスターの給料・年収・初任給は、国際薬膳食育師3級(薬膳マイスター)を持っていても他の社員と同じです。

薬膳の知識とノウハウを業務に活かすことで昇進や昇給に繋げられます。

薬膳(和漢膳)を活用して業績アップにつながる料理・食品つくりしませんか。

人気の外食料理や中食料理つくりができれば報酬アップできます。

3)健康・美容食への活用

外食業界・中食業界・食品製造業界で活躍している薬膳マイスターの給料・年収・初任給は一般社員と変わりません。

国際薬膳食育師3級(薬膳マイスター)の資格を持っていても和漢膳の知識とノウハウを仕事に活かさなければ価値はありません。

和漢膳の知識とノウハウを健康食・美容食・生活習慣病改善食つくりに役立ててください。

和漢膳を活かした美味しい健康食・美容食・生活習慣病改善食は多くの人を喜ばせられます。

人気の料理や食品をつくれば報酬アップにつながります。

「がくぶん」の薬膳マイスターの通信講座で和漢膳の知識とノウハウを学んで健康食・美容食・生活習慣病改善食つくりに活かしてください。

薬膳マイスター養成講座を修了して一般社団法人・国際薬膳食育学会の国際薬膳食育師3級を取得しませんか。







薬膳マイスターの1日のスケジュール(勤務時間)

薬膳マイスターの1日のスケジュール(勤務時間)は就労スタイルや勤務先の規模で異なります。

薬膳マイスターの資格を取得すれば「食」の仕事で活躍できます。

「がくぶん」の通信教育講座での薬膳マイスター養成講座を受講しませんか。

和漢膳の知識とノウハウを学んで養成講座を修了すれば、国際薬膳食育学会の国際薬膳食育師3級を取得できます。

「がくぶん」の薬膳マイスターの通信講座は一般社団法人・国際薬膳食育学会の認定講座です。

薬膳マイスターの正式名称は国際薬膳食育学会の国際薬膳食育師3級になります。

外食業界・中食業界・給食業界・ホテル業界・食品製造業界での「食」の仕事に和漢膳の知識とノウハウと資格を活かしてみませんか。

日本人の味覚と体質に合うようにアレンジされた薬膳を和漢膳と呼びます。

薬膳とは東洋医学の知識とノウハウを取り入れた料理は、スタイルコントロールやウエイトコントロールのダイエット食や美容・アンチエイジング食・生活習慣病対策食つくりに役立ちます。

和漢膳の知識とノウハウを活かした健康食・美容食つくりで「食」の業界で活躍してください。

次に、薬膳マイスターの1日のスケジュール(勤務時間)を紹介します。

1)学校給食での仕事スケジュール

学校給食での薬膳マイスターの1日のスケジュール(勤務時間)は学校の種類や規模でも異なります。

全寮制の学校であれば朝食・昼食・夕食などすべての給食をサービスします。

一般的な学校給食は昼食がメインになります。

学校給食のサービス先には幼稚園・保育園・小学校・中学校・高等学校・専門学校・大学などが考えられます。

専門学校や大学では朝食と昼食をメインにするケースもあります。

給食サービスの現場での仕事のスケジュールは就労スタイルで変わりますが、基本的には8時間のパートタイム勤務が一般的です。

2)病院給食や介護給食での仕事スケジュール

病院給食サービスや介護施設での給食サービスの求人が増えています。

「がくぶん」の薬膳マイスター養成講座で学ぶ和漢膳の知識とノウハウを活かせる職場が増えているのは嬉しいことです。

病院給食や介護給食での薬膳マイスターの1日のスケジュール(勤務時間)は、給食スタイルやサービスの規模で異なります。

病院給食や介護給食サービスの提供先は、病院の入院患者・病院の職員・病院利用者・介護施設利用者・介護施設職員になります。

一般的には病院給食・介護給食サービスの勤務スタイルはパートタイム制が多いようです。

8時間のコアタイムを基本として就労します。

病院の入院患者の給食サービスは朝食・昼食・夕食になります。

介護利用者の介護給食も朝食・昼食・夕食になります。

病院職員・介護職員・病院利用者へのサービスは昼食と夕食がメインのケースが多いようです。

3)中食や食品製造での仕事スケジュール

中食や食品製造現場での薬膳マイスターの1日のスケジュール(勤務時間)は就労スタイルや製造現場の製造スケジュールで異なります。

大規模の中食製造や食品製造での製造スケジュールは24時間フルタイムの稼働になります。

フルタイム稼働の製造現場の場合のスケジュールは、パートタイムの8時間をコアタイムにしたシフト制が一般的です。

「がくぶん」の薬膳マイスターの通信講座で和漢膳の知識とノウハウを習得して、外食・中食・学校給食・病院給食・介護給食や食品製造の分野で活躍しませんか。






薬膳マイスターの求人・職種・勤務先

薬膳マイスターの求人・職種・勤務先は「食」関連になります。

薬膳の知識とノウハウを活かした「食」関連の仕事は、外食業界・中食業界・給食業界・食品業界・ホテル業界や料理教室や講習会の開催などであります。

薬膳マイスターの資格は「がくぶん」の薬膳マイスターの通信講座で取得できます。

和漢膳の知識とノウハウを習得してください。

「がくぶん」の薬膳マイスター養成講座は一般社団法人・国際薬膳食育学会の認定講座です。

「がくぶん」の薬膳マイスター養成講座を修了すれば、一般社団法人・国際薬膳食育学会の認定資格である国際薬膳食育師3級を取得できます。

国際薬膳食育師3級は薬膳マイスターの正式名称です。

「がくぶん」の薬膳マイスター養成講座を受講して和漢膳の知識とノウハウを習得しませんか。

国際薬膳食育3級を取得していれば和漢膳の基礎理論を習得している証明になります。

「食」の仕事は外食産業・中食産業・給食産業・食品産業などにあります。

和漢膳の知識とノウハウを、外食業界・中食業界・給食業界・食品業界・ホテル業界や料理教室や料理講習会で活かしてください。

次に、薬膳マイスターの求人・職種・勤務先について紹介します。

1)肥満改善の外食や中食

薬膳マイスターの求人・職種・勤務先には外食業界・中食業界・給食業界・食品業界があります。

外食業界・中食業界・給食業界・食品業界では肥満改善をサポートする食品が求められています。

肥満は生活習慣病です。

肥満は心臓病・脳卒中・脂質異常症・高血圧・糖尿病などの生活習慣病のリスクもアップさせます。

内臓脂肪や皮下脂肪が多い肥満を改善する料理つくりに、和漢膳の知識とノウハウを活かしませんか。

外食業界・中食業界・給食業界・食品業界で、肥満改善をサポートする料理つくり試しませんか。

2)学校給食・病院給食

薬膳マイスターの求人・職種・勤務先には学校給食・病院給食・介護給食・会社給食などがあります。

「がくぶん」の薬膳マイスター養成講座で学ぶ和漢膳を、学校給食・病院給食・介護施設給食・会社給食つくりの分野で活かしませんか。

食材の効能を活かした美味しい給食は学校での教育・体育・徳育をサポートします。

体力回復食は病院給食や介護給食で求められています。

3)家族の生活習慣病

薬膳マイスターの求人・職種・勤務先は外食業界・中食業界・給食業界・食品業界・ホテル業界にありますが、和漢膳の知識とノウハウは家族の健康をサポートします。

和漢膳の知識とノウハウを活かした料理は、家族の健康を毎日の食事でサポートします。

家族を生活習慣病から守る料理つくりに、「がくぶん」の薬膳マイスター養成講座で学ぶ和漢膳の知識とノウハウを活用してください。

薬膳で生活習慣病対策はじめませんか。

生活習慣病には脳卒中・心臓病・高血圧・糖尿病・肥満・脂質異常症などがあります。

生活の質(QOL)を低下させる生活習慣病対策は毎日の食事がポイントになります。

「がくぶん」の薬膳マイスターの通信講座を修了すれば国際薬膳食育学会の国際薬膳食育師3級資格を取得できます。

和漢膳の知識とノウハウを、外食業界・中食業界・給食業界・食品業界での肥満改善食つくり・食育を考えた学校給食・体力回復の病院給食・家族の生活習慣病対策に活かしてください。







薬膳マイスターの仕事内容

薬膳マイスターの仕事内容は薬膳を活用した「食」の面からの健康・美容・食育へのサポートになります。

「がくぶん」の薬膳マイスター養成講座で学ぶ和漢膳は、日本人の味覚と体質に合うようにアレンジされた薬膳です。

毎日の食事に東洋医学の考えを取り入れた薬膳の知識とノウハウを活かすことで快適生活をサポートできます。

「がくぶん」の薬膳マイスターの通信講座で薬膳を学びませんか。

「がくぶん」の薬膳マイスター養成講座は一般社団法人・国際薬膳食育学会の認定講座です。

「がくぶん」の薬膳マイスター養成講座を修了すれば、一般社団法人・国際薬膳食育学会の認定資格の国際薬膳食育師3級を取得できます。

国際薬膳食育師3級は薬膳マイスターの正式名称です。

国際薬膳食育師3級を持っていれば薬膳の基礎理論を習得している証明になります。

「食」の仕事をしている人におススメの資格です。

次に、薬膳マイスターの仕事内容を紹介します。

1)「食」の仕事

「食」の仕事は、外食業界・ホテル業界・中食業界・給食業界他にあります。

「食」の仕事に和漢膳の知識とノウハウを生かすことで付加価値のある美味しい外食・中食・給食をつくれます。

「がくぶん」の薬膳マイスター養成講座を受講しませんか。

薬膳マイスター養成講座を修了すれば一般社団法人・国際薬膳食育学会の国際薬膳食育師3級を取得できます。

調理師や栄養士のような公的資格ではありませんが「食」の仕事に役立ちます。

2)和漢膳とダイエット

美容面での薬膳マイスターの仕事内容では、ダイエットサポートの和漢膳つくりがあります。

食習慣の乱れは内臓脂肪・皮下脂肪が多い肥満の原因になります。

年齢に応じた食習慣になっていますか。

若いころのような食習慣では内臓脂肪や皮下脂肪を増やしてしまいます。

薬膳の知識とノウハウを活かした食事を始めてください。

和漢膳の知識とノウハウでつくられたダイエット食で内臓脂肪・皮下脂肪を減らしましょう。

和漢膳はダイエット食つくりに役立ちます。

3)和漢膳とアンチエイジング

美容面での薬膳マイスターの仕事内容では、アンチエイジングサポートの和漢膳つくりがあります。

食習慣の乱れは年齢サインや年齢サインを目立たせます。

鏡の中の年齢サイン・年齢肌が気になったらアンチエイジング食つくり始めませんか。

和漢膳の知識とノウハウはアンチエイジング食つくりに役立ちます。

年齢サインや年齢肌の改善に和漢膳を試しませんか。

毎日のアンチエイジング食の効果は続けていれば納得できます。

「がくぶん」の薬膳マイスターの通信講座で和漢膳の知識とノウハウを習得して、ダイエット食やアンチエイジング食つくりに活かしてください。

薬膳マイスター養成講座を修了すれば、一般社団法人・国際薬膳食育学会の国際薬膳食育師3級を取得できます。